穏やかな人との出会いを求めて参加した水族館コン

友達から街コンなら企画系のものに参加した方が楽しめるよとアドバイスしてもらったので、水族館コンというものに参加しました。

 

男性にはボルタリングコンやフットサルコン等が人気のようですが、私は運動音痴ですし、謎解きのような派手な演出ものも苦手。

 

それでも水族館なら鑑賞するだけで楽そうだし、恥をかかずに済むと思ったからです。

 

参加者もきっと穏やかな雰囲気の人が多いだろうと思い、そういう人との出会いを期待して申し込みました。

 

水族館コンは、文字どおり水族館を見てまわりつつ、男女の仲を深める街コンでした。

 

男女のグループごとに歩くのですが、予め男女比が等しくなるようわけられていると聞いていて、てっきり同じグループの人としか交流出来ないのだと思っていました。

 

しかし、実際は自由時間の合間に2度グループがえがあり、わりと多くの人と話せるようになっているのだなと感心しました。

 

ただこれが上手く作用していたら良いのですが、残念ながらグループによりけりでした。

 

というのも、メンバーの雰囲気で皆と会話しながら回るときもあれば、既にアプローチしたいお相手が決まっていて、対象カップルとその他の残り的な感じで回ることもありました。

 

皆でわいわい回れたときは良かったけれど、その他の残りものになるのは結構きつかったです。

 

私は途中から開き直って同性の子と話ながら歩きました。

 

男性も、望みがないとわかるとそんな感じでしたね。

 

或いは黙々と進んでいる人もいました。

 

そういう傾向が強かったのは、予想通り性格が穏やかそうな人が多かったからだと思います。

 

皆に声かけて盛り上げようとする人は少なくて、いたとしても然り気無く皆に気を配る程度でした。

 

だから無理に盛り上がりたくないって人にはやっぱり向いていると思いましたし、逆に賑やかな場の方が出会いやすいという人ならお勧めできないなと思いました。

 

食事だけの街コンと違って水族館の施設の分もあり、参加費用はそんなに安くないです。

 

あくまで好みの異性を見つけるか、水族館が好きかどちらかの要素がないと、退屈になってしまうだろうなと感じました。

 

こんな風に感想を述べましたが、私としては参加して良かったと思っています。

 

まず私は水族館が好きなのでそれだけでも楽しめましたが、グループ内で残りものになってしまった回でも、一緒に歩いた子がすごく良い子で仲良くなれたからです。

 

デートにはならないけれど、新しい女友達と遊びきた的な感覚で過ごせました。

 

それにグループ皆でわいわいと見て歩いた回では、最後に全員と連絡先の交換が出来ました。

 

一人男性が連絡先を交換し合おうと提案してくれたため、皆それに便乗した形でした。

 

連絡先を聞きたいなと思っても、勇気がなくていつも相手任せにしてしまう私もしては、大変有り難かったです。

 

そしてその中の一人とは、街コンが終わってからも会うようになり、数回デートしています。

 

街コンのときにはグループ行動していたのであんまり話せなかったのですが、彼は私のことを良いなと思ってくれていたみたいです。

 

二人きりでデートするようになって思ったのは、わりと性格が合うなということ。

 

水族館好きってだけでなく、好きな映画や本とかも同じものが多くてお互いに親しみやすさを感じています。

 

今はまだ友達以上恋人未満な関係ですが、このままお付き合いする日も近いかもしれません。

 

婚活パーティーっていろいろな趣旨で行われているけれど、年齢や職業で限定することが一般的で、なかなか雰囲気や趣味で人にで会う機会がなかったなと思います。

 

だからそういうのを出会いに求める私にとっては、水族館コンは恋人探しの大きなチャンスとなりましたね。