街コンの服装はカジュアルフォーマルで無難でおすすめ

ファッション

 

街コンに着ていく服装は、基本的にフォーマルな格好をするように心がけてほしい。

 

フォーマルと言ってもスーツではなく、カジュアルフォーマルといった服装を心がけて行くと無難だ。

 

もちろん、街コンに着ていく服装も季節によって変える必要があるが、それほど難しいことではない。

 

夏であれば襟付きのシャツのみと言った感じで、襟のある半袖のカットソーを着て行けばいい。

 

パンツはというと、やはり短パン(半ズボン)は避けた方が良い。

 

あまりウケが良くないのと、子供っぽさが出てしまうからだ。

 

アンクルパンツ・スラックス・メンパンなどで合わせ、その上で時計を着けると女性から見てマイナスポイントは削れる。

 

腕に数珠とかアンクルとかもあるが、極力避けた方がいい。

 

パンツに関してだが、ジーパンは無難だが避けたいアイテムでもある。

 

最近は昔と違い、あまりジーパンは流行っておらず、ジーパンを履いている男性は、女性から年寄りじみていると敬遠されることもある。

 

履く場合は細身のタイプがオススメ。

 

細身のパンツを選ぶのはシルエットがキレイに見えるから。

 

だぼっとしたゆとりのあるズボンは、おなか周りを隠すことはできるが、シルエットがキレイに見えないデメリットがある。

 

逆にぽっちゃりだとある程度は隠せるため、ケースバイケースだが。

 

夏の服装に比べ、冬は少しばかりカジュアルフォーマルにもセンスが必要。

 

基本的になシャツのスタイルは変わらないが、冬は夏に比べて長袖のカットソーを着るとキレイに見える。

 

ステッチなどに少しお洒落な感じがあるシャツだとなおよく、おしゃれ感が増していい感じになる。

 

こういったステッチの入ったシャツは、紳士服の青山などチェーン店のスーツ屋でも売っているのため、スーツ屋にシャツを買いに行ってほしい。

 

あとは最近だとユニクロのシャツも良い感じのものが増えたため、こちらでも全く問題ない。

 

アウターのジャケットだが、できればシングルのジャケットがおすすめ!

 

あまりスーツ感のない、カジュアルな感じの生地のジャケットを選ぶこと。

 

真冬の寒い時期であれば、この上にダッフルコートかピーコートを一枚羽織るのみでいいだろう。

 

パンツは夏と同じ感じでデニムではなく、細身のものを選ぶとシルエットがかっこよくなる。

 

首元にマフラーの一つでも巻けば、それなりにカッコはつくと思う。

 

冬は夏に比べて腕回りは見えないため、特に気にする必要はないが、大人な感じを演出するのであれば、やはり腕時計を着けるのがおすすめだ。

 

そして夏と冬の季節ではなく、ファッションには色合いを考えてほしい。

 

よく足元には濃い色、上に行くと薄い色といった色の濃さのグラディエーションを考えるとよいと基本的に言われているが、ちょっとわかりにくいかもしれない。

 

要は、パンツの色は黒であるとかグレーなどと言った濃い色にして、上半身は明るい感じの白や奇抜な原色でもいいのですが薄い色合いを用い、足元から上に行くにつれ薄い色合いになるように心がけるということだ。

 

そういった色の三角形を頭において、色を選ぶといいとバランスが良い。

 

この三角形が逆になると、一気に色のバランスおかしくなる、またはチャラくみえてしまうことがある。

 

色の濃度を足元から頭に行くに従い薄くなる、という三角形の形がオシャレの基本であり、服装を選ぶときはぜひ参考にしてほしい。

 

無難に街コンに着ていける服装

 

無難に街コンに着ていけるおしゃれな服がわからない場合、細めの黒や茶色、グレーの濃い色のパンツに合わせ、上は白か薄いグレーもしくは、モノトーンが気になるのであれば水色や薄い黄色、もしくはワインレッドのカットソーを選び、ジャケットもその色に合わせてグレーなど薄く淡い色を選ぶといい。

 

カジュアルフォーマルと言っても、ネクタイをしていてはあまりにカチッとしすぎるため、街コンであれば着ける必要はない。

 

堅苦しいと逆に敬遠されるというか浮くため、カジュアルフォーマルというのであれば、ノータイのスタイルでOKだ。

 

後は寒色と暖色についてだが、寒色と暖色を一緒に合わせてしまうと色のバランスがおかしくなるため、街コンへ行くテーマが暖色であれば上下とも暖色にし、寒色であるのであれば上下とも寒色といったテーマを設けてコーディネートしてほしい。

 

もし本格的に色を学びたいのであれば、カラーコーディネーターの本などをパラッと見ると分かりやすく、この寒色と暖色について学べるのでおすすめだ。

 

どうしても自分では選べない、わからないという人は、ユニクロやデパートなどのマネキンを見て、それをそのまま買って着ればいい。

 

ユニクロだとコストも抑えられて一石二鳥だ。

 

服装で悩む方はぜひ参考にしてくれ。